現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:追分の最後の運用について 名前:名無しさん
2018/10/18(Thu) 20:02 No.5266 


いつも楽しく拝見しております。
追分機関区の入れ替えの2両の96ですが、3月2日のサヨナラの後も
火事で機関区全焼するまで不定期で入れ替えに使われていて火はいつも入っていたようなのです。このことは皆さんご存知のことと思いますが、かなり遅くまで使われていたようです。
かつてどこかのWebに4月5日頃の写真をアップされている方がいました。
現役蒸気が本当に最後に使われたのは火事の4月13日の前日なのかもしれません。
3月2日がサヨナラと公式になっているので、今更調べる方もいないでしょうから。


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: