現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: 皆さん元気ですか? Part13 名前:大吾
2016/11/06(Sun) 15:02 No.3193 


こんにちは皆さん
ゆりさん、君の青さん、こんにちは

君の青さん、個人的なやり取りであってもわたしは気にしませんよ。
お二人のやりとりを愉しく拝読しています。

最初からプレイを希望してくる女性の場合でも初心者はいます。
そういう時、いきなり縄を取り出したり、首輪を取り出したり、グッヅを出したりしません。
わたしの場合、そういう女性を導くときは徐々に導いていきます。
例えば、最初はいわゆる普通のセックスをしながら、女性の両手を女性の頭の上で抑え込み、腰を動かしながら反応を観たり、乳首を噛んだり、体位を変えて相手の締まり具合など、反応を確かめながらね
その時に重要なのは言葉ですね
「ほら、乳首を噛んであげたら、ぎゅっと私を締め付けてきたよ。感じているんだね」とかね。
そうやって、それを逢うたびに何度も繰り返していると、「わたしの身体で大吾さんは喜んでくれている」と女性は思い込みます。
すると最初はおどおどしていたのが、だんだんと積極的になります。
「もっと、大吾さんに喜んでもらいたい」とね
 
そうしたら、「君は乳首が感じるんだ。ほら、こうして乳首を強くつまんであげるとギュッと締め付けてきて、わたしをとても気持ちよくしてくれる。ほらわかるかい。君の身体のなかで、わたしが喜んでいるのが・・・・」
そうやって腰をちょっと動かしてあげる。
「だけど、こうしていると手が塞がって、ほかのところを愛でられないなぁ。。。。。そうだクリップで乳首はさんだらどうだろう。 君もよりいまより感じることが出来るし、わたしの手も自由になるから、もっといろいろなところを愛撫してあげられる。そうしたら君ももっと気持ちよくさせてあげられる。君はどう思う?」とね

縄掛けへの導きは、先ほどの様に、仰向けに寝ている女性に、両手を頭の上に伸ばさせて、わたしの両手で手のひらを押し当て、ベットに抑え込みながらセックスをしたり、対面座位で女性の両手を後ろに回し、その両手をわたしの両手で掴んで自由を束縛し、女性の恥骨とわたしの恥骨をこすり合わせるようにゆすりあげてあげます。
ここでも、言葉は大事です。
そうやって、女性が自らそれを望むようにしてあげることが大事だと思いますよ。
最初から高いハードルを見せて、「飛びなさい」と言うより、最初は低いそれこそ、ハードルとは思えないような低いものをクリアさせる。

これは日常の生活、例えば人にモノを教えるときもそうですよね。
最初は簡単なことから始めさせる。
そうやって、成功の美酒を味合わせる、すると気が付いた時には、最初は「無理」だと思っていたことが出来るようになっている。
人と言うのは、どんな人であっても「自分の行為で相手が喜んでくれた」と思うと、官能中枢が刺激され満足感を得ることが出来る。

そして逆を言えば、「一所懸命自分に尽くしてくれる人には、なんとか報いようとする」
つまり、返報性のルールと言うのが、人には常に存在するのです。
ご参考までに。


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: