現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: 皆さん元気ですか? Part13 名前:テウス
2016/11/13(Sun) 16:28 No.3202 


テウスです。 相変わらず、ご無沙汰です。
みなさん、秋ですね。 

大吾さん
色の話ですが、人の特徴を色に例えて、人と人との出会い、交わりを色の混合に例えてのお話でしょうか?

面白いですね。私は技術屋なので、色の技術も少し調べたことがあります。
加算混合・加法混色の3原色は[赤緑青=RGB]で例えば色の光。減算混合・減法混色は[シアン、マゼンタ、イエロー(黄色)=CMY]で例えば絵具やインクやフィルター。テレビは加算でRGB、プリンターは減算でCMYを使っています。RとC、GとM、BとYは互いに補色です。加算は暗いところ=黒から始まって、色を足すと明るくなる。減算は白から始まって色を加えると暗くなる。
色は人が見て何色、こんな色、あんな色と認識して初めて色になる。人の感覚であり認識ですね。そして様々な感情をかきたてます。だからカラーコーディネーターとかカラリストなんていう職業もあります。
人と人が出会って、新しい色ができたとして、それを色と感じるのはやはり人なんですよね。
それから、色の三属性と言うのがありましたね。明度(メイドではなくて)=明るさ、色相=色合い、彩度=鮮やかさ、です。

そこで、大吾さん、色の話の終わりの方ですが、人は相手に対して加算をとるか減算をとるかの選択肢があって、選択によってその人との関係が変わってくる、という意味でしょうか? ポジティブとネガティブみたいに? もともと自分が持っている色はRGBCMYのどれかだという事でしょうか? 
私が思うには、人は原色とは限らず、様々な色が、グレーを含めて持っているのではないでしょうか?それが交わってさらに複雑な色になる。豊かにもなれば、貧しくもなる。だけど、白よりは個性的な色が良いですね。

ついでにゆりさん、原色って英語で「prime color(colour)」で、primeは第一、主な、最初のといった意味ですが、音楽では主音、音程で一度(同音)なのですね。だけど主和音はtonicですか! prime harmonyとは言わないのですね。

長々と失礼しました。
それでは、また。


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: