現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: 皆さん元気ですか? Part15 名前:大吾
2017/01/18(Wed) 15:10 No.3259 


こんにちは、皆さん
こんにちは、君の青さん、C白女さん、ゆりさん

そうですねぇ
わたしは他の方のブログとかはまず見ないですねぇ
一時は、この掲示板に書き込まれた方が立ち上げているブログとか、紹介されたブログや写真集を拝見したことがあります。
 
Blueさんの日記や調教写真集も以前は拝見させていただいたことが有りましたが、今は殆ど見ていません。
たまに、ゆりさんやC白女さんが書き込まれたりすると、見てはいますがね
その程度です。

「人がしていることを見て何が愉しい」と言うのがわたしにはあるんです。
まぁ、これもわたしのSとしての性癖の1つでしょうかねぇ(笑)
ですからAVとかもあまり見ません。

でも、官能私小説を書いたり、女につけさせる器具や装飾品を手作りするための情報収集は繁茂にしています。

新しい私小説のネタの構想などで、それをお相手の女性にして反応を見たり、プレイのあとのお相手の様子を見たりしています。
あからさまに感想を聴くことはしません。
「今日はいつもより喘ぎ声が大きかったね」とか、「ほら、見てご覧。お前力いっぱいシーツを握っていたからこんなにしわくちゃになって、それにほらここ、お前が吹き出した汁でグショグショになってしまっているね」とか、バスルームで「お前、今日はいつもより身体を反らせていたね、ほら、俺の両腕に爪痕がついてる」とかね
すると「、、、、ごめんなさい。覚えがないの、気がついたら大きな声で叫んでいたの」とか、「何かを掴んでいないと、どこかへ飛んで行ってしまうようで怖かったの」とか
そういう感想が聞ける。(笑)

器具や装飾品もそうだね
試作品が出来あると、お相手の女性にそれを使ったり、身につけさせたりする。
で、その反応をみてなんどか改良を加えて、最終的にそのお相手の女性にあげます。(笑)
下着なども既成のモノを改良して身につけさせたりするね

それを繰り返ししていると、だんだんと「わたしは大吾さんの特別なんだわ」って気持ちが女性の中に芽生えてくる。
最初は挑戦的な言動をしていた女性も、そうやって時間が立っていくと、最初のときに比べて、わたしに対する言葉使いや、わたしを見つめる表情や、わたしと食事のときの態度など、わたしへの接し方の変化が如実に観て取れるようになる。

まぁ、「相手の女性を自分好みに仕立て上げる」という、一種の俺のS趣味ですね。

そうそう、先日の女性から連絡が有りましてね
娘さんから「お母さん、あの方と話をしているとき、まるでしばらく逢えなかった恋人と久しぶりに逢って話しをしている、そんなとても幸せな感じがして、とても可愛い顔していたわ。お母さんあの方を好きなのね」と言われたそうです。
女性いわく「娘はあなたに興味を持ったみたいです」だと。
わたしは持っていないですけどね。(笑)

で、節分が過ぎて最初の週末に、20年ぶりにお逢いすることになりました。
当然前提付きで逢うんですけどね。。。。
 
そうそう、一緒に外国へ行った女性とは、間隔は不定期ですがあれから月2度くらいのペースでお逢いしていますよ。
逢えないときは、彼女から每日メールが届きます。
電話もよくかかってきます。
内容は他愛もないモノですけど、先ほども書きましたように「わたしは大吾さんの特別」という感覚を植え付けてしましまたから、しょうがないですね(笑)


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: