現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: 皆さん元気ですか? Part16 名前:大吾
2017/02/02(Thu) 15:13 No.3290 


こんにちは、皆さん
まりさん、C白女さん、ゆりさん、こんにちは


先日、「なんかねぇ。くしゃみは出るし、鼻水は出るし、喉がいがらっぽいし。。。
なんだかなぁ。。。。もう、花粉が飛んでいるのかなぁ。。。」とSNSで呟いたんですよ。
そしたら
「私の周りでは、結構な人数の人が花粉症始まったって言ってます!!」とか、
「私はアレルギー性鼻炎なんで年がら年中何かしらに反応してますが、はい!もう花粉症の症状でクシャミ出てまーす(* 'ω')ノ」とか、
スペインの女性からは、自撮りの画像(全裸)つきで「お大事にね!!(スペイン語)」なんて言われた(笑)。
 

で、今朝だけど、自分のくしゃみで眼が覚めた。(笑)
起きたら鼻水が垂れてて。。。。
寐ていても「くしゃみ」や「鼻水」ってのは出るんだなぁと、つくづく「花粉侮れず!!」って思った。。。です(ー_ー)!!

で、起き抜けに鼻水が垂れないようにティッシュを丸めて鼻に突っ込んだのですが、部屋の掃除をしているうちにそのことを忘れてしまい、ティッシュを鼻に突っ込んだまま、顔を洗ってしまいました。

あわてて、ティッシュを抜き取ったんですが、そのときの鏡に映った自分の顔をみたら、なんとまぁ、間が抜けたツラをしてたこと(笑)

まりさん、元気になられて良かった。
資格を取られるそうですね
若い人は夢があっていいなぁ(^ν^)

そういうまりさんをわたし達(少なくともわたし)は、いつも応援していますよ。

C白女さん。
更年期ですか?
チョコですか、、、わたしも甘いもの大好きです。(笑)

そう言えば、今月は「バレンタイン」が有りますね。
女性は手作りチョコとか言いますが、あれって単に市販のチョコを湯煎で溶かして、成形して硬め、トッピングするだけですよね。
ようするに、既存の物を破壊して、再生させるってことですな。
なんか、


そうだ、「君の名は」ってアニメ観たこと有りますか?
わたしはありません。
 
そのなかの挿入歌の一説に「『僕の心が僕を追い越した』ってのが、あるそうですが、SNSで「『僕の心が僕を追い越した』ってどういう意味なんでしょうか? わかりません」って言う問いかけがあってね。
だから、「簡単に言えば、『道理』とか『常識』とか、そういうものを超越した、言葉では説明できない「激しい感情」に突き動かされたってことでしょうか。」って返事を書いただけどね。

この感情って、誰でも一度は持ったと思うんだよね。
頭では『それは。。。』と制御しようとする。
だけど、そんな「理屈の制御」に「感情が勝って」、身体がそれを求める。
これってSMには言えることだよね。
でもSMに限らず、男女関係も、スポーツも、学業進学、研究心も、なんにでも言えることだと思うんだよね。
上手く書けないけど、ココロの中で何かを追い求めているとき、ある瞬間にその思いが激情として迸り出て、あっという間にその濁流に飲み込まれ、ふと気がつくと、、、、ってありますよね。
たとえ、それが世間から指弾されてしまうようなことであってもね

ゆりさん、性癖は卒業できませんよ。
「習慣は第二の天性」と言いますでしょ。
ですから、意識しないようにすることは可能です。

でも、普段から意識しないようにすると言うことは、逆に「意識している」ってことですよね。
わたしの友人(男)が何度も禁煙宣言しては失敗しているのですが、言ってあげたんです。
「やめようと思うからやめられない。それは自分の脳に取って都合の悪いことだからだ。 そう思えば思うほど余計にタバコを意識するように成る。『脳がタバコを吸え』と指令を出す。結果負けてしまう、だから、そういうときは、『俺はいつでもタバコを吸えるんだ。でも、今は吸いたくない』と思うといいよ。結構止められるよ」ってね

ソースはわたしです。
これって、人間の心理をついているんですけどね。
だってほら、「面倒くさいことは、明日にのばす」でしょ?
それと同じ心理です。

ゆりさん、わたしは卒業させるとき、「終わりにしよう」、とは言いません。
「これからだって、あなたがわたしと逢いたい思えばいつでもわたしに逢えるよ。でも、どうかな、最近◯○(女の名前)を観ていると、俺と逢うことに慣れてきちゃって『ドキドキ感』を感じてないように見えるんだけど。。。違うかな? だとしたら、ちょっと間をおいて観ないか? そしたら、また新鮮な気持ちで『ドキドキ感』を感じられるように成れるかもしれない。。。、そうは思わないかな?」とね。
これで、彼女がわたしと逢わない間に、その日常に慣れてしまえば、連絡が来なくなるかもしれない。
そうなったら、それならそれでいいと思うだけです。
だから、修羅場はありません。(笑)


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: