現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: 皆さん元気ですか? Part17 名前:大吾
2017/02/12(Sun) 17:04 No.3313 


今日はね、カップルダンスというのを書いてみようかなぁ。。。と思ってね

これはある夫婦の話なんだけどね
この夫婦、妻が不倫していたんだね。
夜、その不倫相手と手を繋いでホテルから出る現場を、夫の知り合いに観られてしまってね。
それで夫に通報され夫が知るところとなった。
で、それを聞いた夫は、さいしょは笑い飛ばした。
でも、携帯で撮った画像を見せられて、「なんとなく女房にに似ている。。。」
俄然不安になった。
それで、半信半疑だったけど、悩んで悩んだ末、興信所を使って1ヶ月間妻の動向を調べた。
「単なる空似だろう。なんでもないさ、妻に限って。。。」と思いながら・・・・
でも、調査結果はアウト。
で、お決まりのドタバタ劇が演じられた。
相手の男性も家族持ちだったから、旦那は弁護士を立ててあ〜だこ〜だとまぁお決まりのことを演じた。
内容証明が、相手の家、女房にそれぞれに送られた。

相手と仕事中にもかかわらずホテルでことに及んでいたのがわかって、相手会社の人事にも管理責任について送られた。
で相手の男性は懲戒免職、相手家族は離婚、。
業務中に浮気をしちゃいけないよね(笑)

でも、旦那さん
最初は離婚する意志硬かったが、結果的に奥さんを許して再構築の道を選択した。

以上の事は、このあとしばらくして相談を受けときに知ったこと。
 
で、問題はこれから、旦那さん、奥さんがこしらえた料理が食べられない。
無理やり食べても戻してしまう。
でも、奥さんが作ったものでなければ平気。

奥さんの手が触れた物には触れられない。
でも、奥さんが触れたものでなければ、平気。
で、だんなさんどんどん痩せていった。

見かねて、奥さんが俺に相談を持ちかけた。
奥さんと旦那さんと俺と3人で話した。
いろいろ双方から聞いた。
で、その内容が冒頭の話。

二人の話を全部聞いて、「互いに別れたくない」というのを確認してから、「カップルダンス」という話をした。

人というのはトラブルに巻き込まれると、無意識に自分を守ろうとする。
これは、本能だから仕方がない。
 
そしてわたしはある話をした。
 
逃げると追う     ◯→◯→
互いに主張し合う   ◯→←◯
互いに関わりたくない ←◯I◯→

大体、大雑把に言ってこういう動きをする。
ね、ダンスに似ているでしょ。

で、聞いたあと、こう言ったのさ。。
「もし、あなたがた二人が「このどれかに自分は当てはまる」のかなぁと思ったのなら、あなた方それぞれが守りたいものって何なのでしょうかねぇ」ってね

そしたら奥さんが「旦那をこれ以上傷つけたく無いなぁと思って、逃げている気がする」と言ったんだね。
だから、「じゃぁ、奥さん旦那さんの嫌いなところを上げてみようか」と言ったんだね。
そしたら、旦那も奥さんも、二人で「え?」ってな顔でポカンとしている。

でも、奥さんがポツポツとね、言い出した。
まぁ、言い出すまでじっとわたしは待っていたんだけどね
そしたら言い出した。
でも、それらは浮気をする前のことでね。
浮気をして、再構築を決めてからのことでないんだよね。
そして泣き出した。
段々と激しく最後には嗚咽を上げてね。
そしたら、それまで無表情だった旦那が奥さんの肩を抱いて背中を擦りだした。
 
しばらくその状態が続いて、旦那に肩を抱かれ背中を擦られて気持ちが落ち着いてきて、また話し出した。

「でも、家事でもそうだけど、脱ぎ捨てた衣類でも、注意するとちゃんと『ごめんね』と言って片づけてくれた。『ごめんよ』と優しい言葉を掛けてくれた。嬉しかった。。。なのに浮気してしまって。。。。ごめんなさい、ごめんなさい」と、また嗚咽をあげて泣き出した。

それをみていた旦那さんに、こんどは「あなたは、どんなことが楽しかったですか?」って聞いたのさ。
そしたら「女房が文句を言いながらも、『もう』と言いながらやってくれたこと、疲れて帰ってきたときに『大丈夫?』って言ってくれたこと、、、」などなど言い出した。

その話を全部聞いてから、「それらが全部壊れちゃったんですねぇ」って言ったら、二人して泣き出した。
で、いつの間にか抱き合って泣いてた。

あぁ、この夫婦は大丈夫だなって思った。

で、二人はいろいろ困難もあったけど、今は幸せな家族になっている。
前よりもかな(笑)
以上です
あ、これは本人二人の了解を頂いております(笑)
 
わたしはかなり辛辣なことも言いますが、けど、離婚にしろ再構築にしろ、男女間の縺れにしろ、悩みを持ちかけられて「助けを求められたら、助けますよ」って話です。

単に冷たい杓子定規な、テンプレ男ではないですよ。。。
なんて書くと、また何か言われるかな(笑)


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: