現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: 皆さん元気ですか? Part18 名前:大吾
2017/03/14(Tue) 14:19 No.3376 


こんにちは、皆さん。
こんにちは、まりさん。

忙しさにかまけてスレを見れませんでしたが、久しぶりにみたら、「まりさん、あれ?」って感じでした。(笑)
まりさんは複数の人にまりさんの痴態を見られてしまったんですね。
両手を後ろに縛られ、首輪を付けられ、口にボールを付けられ。耳に耳栓をされたんなら、
まりさんあいうように、部屋に入ってきたのが誰かはわからないでしょうね。

でも、クリップを付けられている乳首の先を舐めながらバイブを動かしている人と、頭を撫でている人がいると、まりさんが感じたということは、もしかしたらその人たちも参加していたんでしょうかね。

S男さんという人は、「自分の女がほかの男に弄られているのを観て愉しむ」というタイプの性癖をお持ちの方なのかなぁ。。。。
それともS男さんは。。。
いや、これ以上わたしの主観でものを言うのは、まりさんを傷つけてしまうことにもなりかねないのでやめておこう。(笑)

女性の悩み相談を数多く受けていると、いつのまにか人の行動や発言や気持ちの裏を考えるようになってしまう。。。。。
でも、だからって自分の主観でものを言わないようにわたしは気を付けないといけない。
  

ところで、私小説の愛読者さん達とはときどきお逢いして歓談することがあります。
先日お逢いした女性に「小説の中で男性がお相手の女性に『人生は七転び八起きだよ』と言う下りがについてと質問されました。
私小説の中では、男性に「七転びは転ぶ事に価値があるんだ。転ぶというのは天が与えた気分転換のようなもので、いいチャンスととらえて、転んでしっかりと気分転換してまた立ちあがって歩き始めればいいという事なんだよ」と言わせています。
 
実際、男も女も生きている限りいろんなことがあります。
後悔したり、反省を求められたりすることが多いと思います。
そんなとき、その出来事をいつまでも引きずっていては限りある人生という時間枠を無駄に消費するだけではないでしょうか。
皆さんはわたしが私小説の中で、男に言わせていることをどう思われますか?


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: