現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: 皆さん元気ですか? Part19 名前:大吾
2017/04/09(Sun) 16:32 No.3408 


こんにちは、皆さん。
まりさん、C白女さんこんにちは。
あ、C白女さんはc白女さんになったんでしたね
あらためて、c白女さんこんにちは。

まりさん、大概の人は、自分以外そして自分が関心を持っている人以外の他人が何をしているのかなんて、まるっきり気になんてしないですよ。
そういう経験があるか、経験がなくてもこういうことに興味や願望があってSMサイトの掲示板などを見て回っている人なら、気づくことはあるかもしれませんが、そうでない人たちは気づかないものです。
それに、それを見たとしても見えて居ませんからね。

なんて書くと変なのと思われるかもしれませんが、人の脳と言うのは自分に関心のあることとか、経験があるとか、経験がなくても知識としてもっているとか、あるいは自分自身に何らかの影響を及ぼすことでしか、例えそれが見えていたとしても、見たという認識をしないんですよ。
それが人間の脳と言うものです。
だからこそ街中でも野外で露出プレイなるものができてしまう死角が存在するのです(笑)
 
まりさん、わたしのお相手の方々はノーパンになるときはわたしが好きなシュミーズを履いていますよ。
ペチコートを履くときもあります。
なので、愛液(マン汁)がスカートにつくことはないですね。
シュミーズやペチコートなら自分で洗えますから、スカートをクリーニングに出しても恥ずかしくはない。

c白女さん
わたしは猫派ですね。
犬は従順だと言いますが、その従順さがわたしは好きではないですね。
犬と言うのはc白女さんが言うように縦社会のなかで従順です。
それは、犬が飼い主を自分より格上だと認めた場合です。
犬を飼っていて悲惨なのは、犬が飼い主の家族をすべて自分より格下だと判断すると誰のの言うことも聞きません。
そして自分がその家族と言う群れのリーダーになろうとします。
犬と言うのはそういう生き物です。

だからって、犬を毛嫌していいるわけではありません。
犬も猫も、自ら進んで人間の家畜化となった動物ですが、犬は使役動物しては大変重宝しますが、人を怖れ、なかなか人に懐かない野良猫を、あの手この手を使って躾ける。
そして、わたしが居なければ生きていけないように心身ともに大改造する。
つまり、家猫にするってことはそういうことですね。
家猫になると、もう外に出ることはありませんし、たとえ出しても、見ているそばからすぐ戻りますからね。
縋りついてさえ来る。
それに犬と違って長く放置していても寂しがらない。
自ら家畜化したあとでも、いつまでも孤高を保つ猫の方が好きですね。
 
わたしのS性癖について、みなさんはお忘れになっているかもしれませんが、わたしのS性を見出し、わたしを真正Sとして育て上げた人がどういう人だったか、お忘れになっていませんか?
その方は「さる国の軍事情報部門の将校夫妻」だったんですよ。
いまではもう何年も前に退役されて故郷にかえり、その後夫の方は亡くなっていますが。。。。
 
軍事情報部門と簡単に書きましたが、どういうことをするかはある程度はお分かりになりますよね?
わたしはその夫婦や同好の方々の集まりで、それらを取り入れた調教や躾のしかたをいろいろ実地に体験して教わっているのです。
わたしが行う調教や躾が他の方々とはその趣をことにしている理由です。


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: