現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: 皆さん元気ですか? Part120 名前:大吾
2017/04/19(Wed) 12:20 No.3423 


こんにちは、皆さん。
こんにちは、ゆりさん、まりさん。

ゆりさん、「何だか書いていて腹が立ってきました・・・」と言うくだりを読んだとき、思わず、ゆりさんとは一面識もないのに、なんかその時の顔の表情が浮かんで失礼だけど微笑んでしまいましたよ。(笑)
 
ゆりさん、若者の間では仲間はずれにすることを「ハブる」と言います。
語源は「村八分にする」から、「ハ・ブ・る」です。
まぁ、どうでもいいですけど。


「秘密クラブ」と言うのは、他の方が言っているので、わたしは名前なんかどうでもいいんですけどね。
このクラブを作られたのは、例の将校夫婦です。
最初は、同じ日本に派遣された同士の親睦会というか懇親会みたいなものだったそうです。
当時はベトナム戦争をしていた時代ですから、、、、
なので表向きはちゃんとした名前がついています。
で、その中には夫が戦地へ行ったりするとその期間の性生活に悩みを持つ人も出てくる、いつの間にかその人たち同士が集まって裏の部分を作った。
で、「秘密」と言う意味だそうです。(笑)

「秘密の花園」ですが?
わたしも愛読していましたよ、英語と日本語の対訳本ですけどね(笑)。
上下巻あります。
表紙はもうボロボロで、ページも日焼けして色が変わっていますけど、今でも本棚にありますよ。

まりさん、そうなんです。
桜の枝を折るとそこから病気になることが多いんです。
桜は中国から持ち込まれたのですが、現代の日本の多くの桜は日本人が作ったものなので、結構弱いんです。
ところで、日本の桜は遺伝子が同じなのです。
遺伝子が同じということは気温とか湿度とかいろいろな開花する条件が遺伝子に組み込まれているということです。
と言うことは、開花条件にあった気温とか湿度が同じ地域の桜は一斉に開花します。
と言うことで暖かい地方から寒い地方へと開花していくので、桜前線と言うものが出来るのです。
なんて、ちょっとうんちく(笑)

「その人がいると、気分が悪く貧血みたいになってしまうんです」
まりさん、わたしにだってそれはありますよ。
ちょっとしたトラウマと言うかPTSDですかね(笑)。
わたしの場合、どうしてもそういう人と話さなければならないときとかは、賢者モードになりますね
自分の中では「このひと誰? 預かりしらない人なんだけど、、、」って感じですかね。
そう思うと、話をしていても、初対面の人と話すときのような感覚になれます。
参考にならないかな。。。


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: