現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: 皆さん元気ですか? Part21 名前:ゆり
2017/05/12(Fri) 15:55 No.3460 


今日は2回目の書き込みです。

Blueさんのブログの性的少数者のお話について思ったことです。
近頃、と言いますか前々から頻繁にテレビでもやっていますし、雑誌にも載っているなと思います。
雑誌で見たレズの方はそんな講義を仕事にされているらしく、
本当に差別がなくなると仕事までなくならないの?と要らぬ心配をしてしまいました。
人にわかってもらうこと、共感してもらうことは良いことだとは思いますが、差別ってなかなかなくならないですよね。
他人を差別して自分を優越感に思うのが人間の習性だとも思うので・・・。
今までどんなことにしても差別をなくそう!とやってきて良くなってきてはいるのだろうけれど、完璧になくならないのは仕方がないと思いますね。

書きたいことからズレましたが、SやMが性的少数者というと
ある意味そうですが、ある意味違うかな?と思います。
ある意味違うというのは、以前大吾さんが誰でもSやMは持っていると書かれいて、私もそう思うからです。

SやMというとやっぱり人には言えないですよね。
自分が悪いように思われそうな気がして・・・。
でも偉大な文学者、作曲家、芸術家は多分そんな性癖の方が多かったのでは?と思います。
そうでないと、あんな心打つ文章や綺麗な音楽は書けないんじゃないかと思うのです。
いくら立派な方々でも裏でされていることはわかりませんからね(笑)

そんな方々の分身である小説や曲、絵画などの作品は、SやMの要素で溢れていると思うのですが、小学校の教科書などでも出ているということを思うと誰でも無意識のうちに自分の中に取り入れている(取りこまれている?)とも思うのです。
そんなことをしないと「裸婦」なんて芸術と呼べない、いかがわしいもので終わってしまいますよね。
私の思い込みかもしれませんが・・・。

今日は私のつぶやきでした(笑)
反論、異論のある方大歓迎です。無知な私に沢山教えて下さい^^
どうぞよろしくお願い致しますm(__)m


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: