現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: 皆さん元気ですか? Part21 名前:大吾
2017/05/15(Mon) 17:29 No.3464 


わたしのように、縛り方に「美」感じ、いわゆる「汚い」縛り方を嫌悪するように、縛られることが好きな女は汚く縛られることを嫌う。
 
女を縛るのに、「汚い」も「美しいもあるのか? と疑問に思われたり反対意見をお持ちの方もおられると思う。

男性の中には、「縛られることの好きなM女性は、同時に男に犯されるのを好む」と思い込んでいる方もいる。
そういう男性と話をすると、「そういうM女性は、縛られる形に美しいも汚いも、そういう感覚はないはずだ」という意見の人が多い。

まぁ確かに、「男に犯されたい」とひたすら望むM女性には縛りは全く必要はない。

わたしがお相手した女性の中にも、「どんなにきれいに縛られたって、そのあと何にもしてくれなかったら、満足できるわけが無いじゃないの」と言った女性がいる。

「こういうM女性こそが『真のM女性』だ。だいたい、あんたのように『緊縛美』だとかなんとかほざいている人間は、単に『縄フェチ』と言うやつだ」と言われたことがある。

確かに、そう言われれば、わたしの場合、縛りあげて鞭打ちや蝋責や水責や、道具責など色々するが、セックスをすることには拘らない。
だから、『縄フェチ』と言われるたとしても否定も反論もしない。


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: