現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: 皆さん元気ですか? Part22 名前:大吾
2017/07/15(Sat) 14:37 No.3507 


先日のコメント、分けて投稿するはずが一緒になって締まっていたので書き直しました。

だいぶ前のことですが、「わたしは女性を口説いてうまく行ったことがない」と言うようなことを書いたことがあると思います。
それは、いまでも変わりません。
要するに、口説きが下手なのです。
どうもね、ダメです。(笑)
ですので、今ではトラウマというか暗黒歴史になっています。(笑)
 
でも、世の中不思議ですよね。
口説きをやめて距離を置くようにすると、それまでわたしを相手にもしなかった女性たちが、なぜかわたしに話しかけてくるようになる。
中には深く付き合うようになる女性もいる。

あるとき聞いたんです。
「わたしが告白したときは、「けんもほろろ」で「ボロカス」に貶してくれたのに、なんでこうなっているんだ?」ってね。
 

そしたら、「最初はぜんぜん好きでも嫌いでもなかったし、男としても観てなかった。どちらかと言えば何この男って感じだったんだけど。。。、でもそのうちなんか気になり始めてね・・・、だってほら、口説いたくせにそのあと全然無視したくれてたでしょ。だから『なんでよ?』って『口説いたくせにって・・・』気分悪いじゃない。だから、ちょっと『いじってみようかなぁ』と面白半分で話しかけてみたんだけど、しばらくしたら『あれ?なんで?』て思ったのよ。気がつくといつもあなたの傍らにいる自分に気がついたの。愚痴とかを聞いてもらっている自分に・・・。「なんであたしこの人に?」って。でもあなたはいつも黙って聞いててくれてるだけ。それにたまに返ってくるあなたの言葉、それがなんか面白くて、いつの間にかそう言ってくれることが嬉しくなっていた。 だからついついそれが聞きたくて、気がつくとあんたのところへ来て愚痴を言っている。そしてあなたが何かを「ボソッ」と言うのを楽しみに待っている自分がいる。」と言うのです。

「そのうち、他で嫌なことがあったり、悲しいことや、頭にくるようなことがあると、あなたのところで愚痴をこぼしていた。そのうちそんなことが無くても、その日のことを勝手に話しかけていた。そのあと元気になれている自分に気がついた。」ってね。
 
だけど、わたしは、聞いていることに大したことを発言してはいなんですよ。
 
ただ、「そうか」とか「ふ〜ん」とか、「喉乾かない?」とか・・・・言うだけ。

たまに「それ俺のところへ来て言うこと? 他にいるだろ」と言うと、「だって、わたしのことちゃんと観ていてくれるのはあなただけだから・・・」と言われる。
 
「『俺忙しいんだけど。。。』とか、『なにそれ、馬鹿じゃねぇの』とか、『いつまでもアホなことしてんじゃねぇ』とか、『もっと自分を大事にしろ?』とか言われるとほんとムカつくけど、『へぇ、良かったんじゃねぇの』とか『ふ〜ん、やりゃ出来るじゃん』とか、『最近はちゃんと考えてるんだ』とか言われると『なんか気持ちがほっこりして、『もっと言って欲しい』と思ってしまうんだよね』」と言われる。

まぁ、わたしとしては、基本的に人間嫌いなんで「できるだけ人と関わりたくないし、人と関わって他人事の面倒に巻き込まれたくない」ってだけなんですけどね。
相手が勝手にわたし作り上げているってことなんですよ。
 
こんなわたしですから、能動的に自分から口説くのは実に下手です。(笑)
やっぱり、「あるがままに相手を受け入れる」受動型が一番ですねぇ
目の前の相手が何を望んでいるのか、それを今の自分が与えることができるのか、出来なけれな出来ないと言うだけ、そういうことだけを考えて判断すれば良いのですから楽ですよね。
「何考えているのかわからない」とか、「興味があるのかないのか、わからない」とか、「話しをしていても面白みがないつまらない男」とか、「間が持たない」とか、「言わないとしないし、気が利かない」とか、「言ってもやらないし、気分や」とかまぁ散々です。

でも、M女性とのプレイのときは、それが逆作用します。
「思っていることを言い当てられる」、「『こうして欲しい』と思っていることを言い当てられて、してほしいときはそれをハッキリ言わないとしてもらえない」「自分がいまどうなっているかを言わされる」、「今自分がどんな状態でいるかを言葉で嬲られる」「いつのまにか言われるままになっている自分がいる」「アナルセックス、体位、鞭打ちや蝋燭責め、縄縛り、吊り、貼り付け、三角木馬、野外調教など初めての経験や過激な行為も、最初は尻込みしていたけど、気がつくと今では言われるままに自分から受け入れている」

そんなときわたしは「あなたは生まれつきの『S』なのよ。人を従わせる力はかなりものだわ。自分では気が付いていないでしょうけど、それが日常の生活でも出てしまっているの。だけどそれは日常の世界では誤解を生んで争いに巻き込まれたりして、結果的に不利益を被ることになるわね、だからできるだけ日常の世界では自分を押さえて気取られないように馬鹿を演じていなさい。」って、わたしの性癖を見出して育ててくれたあの将校婦人の言葉を思い出します。

なので、先程も言いましたけど、能動的でなく、常に距離を置いて近づかれたらその人の「あるがままを受け入れる」、そして目の前の相手が何を望んでいるのか、それを今の自分が与えることができるのか、出来なけれな出来ないと言うだけ、そういうことだけを考えて判断する受動型が一番ですねぇ(笑)


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: